防寒具として利用されている半纏【法被との違いとは】

メニュー

女性

伝統的な衣装を体験

京都で最近人気の観光体験が花魁体験です。花魁体験では写真撮影プランと街並み散策プランに大別され、形に残る思い出を残したいか、記憶に残る思い出を残したいかで選び方が異なります。両方がセットになったプランもあります。

詳しく見る

半纏

中に入っている素材で選ぶ

半纏の中に入っている素材の中には、真綿と呼ばれる蚕で作った綿と、木綿、羽毛の3種類に分かれています。アレルギー対策には真綿、温かさと軽さでは羽毛、洗濯が簡単で価格が安いものを選ぶなら木綿がいいでしょう。

詳しく見る

着物

華やかな格好で思い出作り

花魁の格好で写真撮影ができるサービスが京都にあります。衣装のレンタルの他に、メイクや着付けもセットになったプランがあり、プロのスタッフが撮影一式を行ってくれます。利用者がスマホなどで撮影できるサービスもお店によって行っているので、SNSを通じて花魁の姿をたくさんの人たちにお披露目することができます。

詳しく見る

祭り

価格にばらつきがある

半纏は内側の素材によって価格が異なり、真綿のような高い物であれば数万円する物もあるといわれています。外側に使われている生地によっても価格が大幅に異なるため、前もって確認してから購入することがおすすめです。

詳しく見る

女性

予約をしよう

京都では京都ならではの体験ツアーがよく組まれています。その一つに花魁になれるというものもあります。女性はもちろん、外国人観光客にとても人気のあるプランなので、インターネットで申し込んでみましょう。旅の記念になります。

詳しく見る

寒い冬の季節でも安心

子供

法被との確かな違い

世界的に日本文化が人気となるにつれ、日本でも和服が見直されるようになっています。和服といっても数多くの種類がありますが、その中でも寒い季節には便利なのが半纏です。半纏というと見た目はそっくりなお祭りなどで着る法被があります。半纏と法被ではどのような違いがあるのかわからないという人もいるでしょう。法被との違いは丈の長さからも判別することが出来ます。法被は丈が長くなっており袖も長く作られています。裾も広めになっている法被とは違い、半纏の場合には全体的に短めで動きやすくなっており防寒用であれば中に綿が入っていたりするのですぐに判別することが出来ます。また、半纏は防寒用に使用されることも多いために胸紐があるのが一般的ですが法被には胸紐が無いのでここでも判別することが出来ます。元々は武家など身分が上の人が着るものだった法被とは違い、半纏は庶民に親しまれてきた和服となっているのです。半纏が人気となっている理由としては、部屋着として使い勝手の良い防寒着であるということもあります。日本の寒い冬には悩まされることも少なくありませんが、保温性の高い半纏を着ているだけで寒い冬でも快適に過ごすことが出来るのです。半纏は羽織るだけで暖かく、着たり脱いだりするのが簡単なので部屋の中でも手軽に着ることが出来ます。暖房と併用して使うことが多くなりますが、まだ寒いときには着て暑くなってきたら脱ぐといったことが簡単なので日本の冬には重宝する防寒着となっているのです。

Copyright© 2017 防寒具として利用されている半纏【法被との違いとは】 All Rights Reserved.