防寒具として利用されている半纏【法被との違いとは】

メニュー

中に入っている素材で選ぶ

半纏

木綿と真綿と羽毛がある

昔ながらの防寒着として知られている半纏の選び方として挙げられているのが、温かさを基準にすることです。温かいと感じるものを選ぶ基準として挙げられているのが、中に入っている素材を確認し、相性の良い物を買うことでしょう。綿だけでなく、羽毛の入っている物も少なくないため、気に入った素材を考えて購入すると、着心地がよく温かいでしょう。また、まれに真綿と呼ばれる物が含まれていますが、一般的に知られる木綿とは素材が異なるので注意してください。半纏に入っている真綿は、通常の綿である木綿と違い、蚕が吐き出した糸で作られる綿、つまりシルクで作られた綿を指します。通常の綿よりも大変温かく、軽い素材として高級な半纏に入っている素材ですが、その分価格もゴージャスです。但し埃が舞わず、アレルギー体質の人でも安心して着られるという特徴がある為、アレルギーをお持ちの方にはお勧めできます。対して木綿の場合は通気性がよく、程よく温かく、選択しやすい所が主な特徴とされており、普段使いには最適です。お財布にも優しい為、普段使いで丸洗いできる半纏を求めている場合にはお勧めできる素材といえるでしょう。羽毛の場合には軽くて温かく、昨今では低価格化してきましたが、洗濯機の機種やコースによって洗えますが、洗い方に注意が必要です。木綿では重くて肩が凝ると感じる方や価格が手ごろで軽いものを欲しい人に最適な素材といえます。それぞれの特徴を理解し、中に入っている素材から選ぶと、防寒対策として活用しやすい物を選べるでしょう。

Copyright© 2017 防寒具として利用されている半纏【法被との違いとは】 All Rights Reserved.